1. HOME
  2. ブログ
  3. アーカイブ
  4. 宇野三吾の器と七五三

宇野三吾の器と七五三

宇野三吾作の緑釉大花瓶。 
成長記録のアイコン。
1998年家元が小学生で花展に初出品なさった時の器。

当時の家元の身長と同じくらいの大きな瓶。
実は、三世にいただいて、子供頃は我家にありました。
私は七五三の写真をこの器の前で撮っていました。器よリチビの3才の私。
姉が七つ、従兄の真人が五っ、私が三つ。三人添えて祖母はご満悦。
記念写真は宇野三吾の器の前と、なんと小原会館のお玄関です。
祖母の会館対する思いはすごいです。東京支部百年の歴史の中、戦前・戦中・戦後と激動の時代に支部長を努め、会館建設に奔走した祖母だからこそ、孫の晴れの日の撮影は会館だったのでしょう。

関連記事